メイソンジャーをヒントに!自然な甘みの新しいTEAS’ TEA【RSP50】

サンプル百貨店の「第50回リアルサンプリングプロモーション」で紹介された商品のレビュー第三弾は、伊藤園の「TEAS’ TEA NEWYORK Light Style」です。

TEAS’ TEA®ブランドについて

TEAS’ TEAとは「お茶の中のお茶」という意味。
TEAS’ TEAは2002年にアメリカではじめて無糖飲料市場を切り開いたティーブランドです。

それまでは、甘くないお茶のペットボトルはアメリカでは売っていなかったんですね。
そういえば、90年代にアメリカを旅行したとき、甘くないドリンクがどこにも売ってなくて、仕方なくペリエばかり飲んでいたのを思い出しました。

このニューヨーク生まれのティーブランドを、フレーバーティーのシリーズとして、2009年に日本に逆輸入したのが、TEAS’ TEA NEW YORKです。

紅茶と果実の甘さだけで作った新しいTEAS’ TEA

10月6日に新しく発売される「TEAS’ TEA NEWYORK Light Style」は、ベルガモット&オレンジティー、ピーチティー、マスカットティーの三種類。砂糖や人工甘味料を使わず、果実の自然な甘みだけで作った優しい味わいが特徴です。

「今までの紅茶飲料は甘すぎる」という声にこたえて、フルーツの香りをそのまま味わえる、新しいフレーバーティーとして開発したのだそうです。

ヒントになったのは、最近ブレイクしているメイソンジャーのデトックスウォーター。
メイソンジャーにミネラルウォーターや炭酸水とフルーツやハーブを入れ、その爽やかな香りを楽しむのが今年のトレンドになっていますよね。

トレンドのテイストを気軽に楽しめる、オシャレな女性のためのフレーバーティーといったところでしょうか。

ピーチティーを飲んでみました♪

シードルのような上品な色です。

シードルのような上品な色です。

今回のRSPでいただいたのは、ピーチティー。
発売前の商品がお試しできるなんてワクワクしますね♪

よく冷やして、グラスに注ぐだけでピーチの香りがふわっと広がります。
ほんとうに自然な甘みで、フルーツと紅茶のバランスが絶妙!
甘いお茶が苦手なわたしでも、おいしく飲めてうれしいです。

これはぜひグラスに注いで飲んでほしいですね!
グラスに注いで置いておくだけで、果実がほんのりと香って、気分もリフレッシュしますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントを残す