残債のあるソフトバンクのiPhone 5sをドコモのiPhone 6sに乗りかえるとどうなる?

iPhone 6s ローズゴールドが欲しい!シリーズ、機種変更編に続いてドコモ乗りかえ編です。
なんでドコモ?と思うかもしれませんが、実はウチの相方さんがドコモユーザーなんです。

わが家のスマホ事情

実はわたくし、東京デジタルホン時代から20年近く、ずっとソフトバンクユーザーです。
いっぽう、相方さんはずっとドコモユーザー。少なくとも15年は軽く超えているはず。

どちらも自分のキャリアがいちばん使いやすいと思っているので、今まではお互いのお財布で別々に運用していたのです。

でもiPhone 6sにするのをきっかけに、そろそろ見直す時期かもしれません。
というわけで、おまとめするとどうなるのかを調べに、ドコモショップに行ってきました。

ドコモ光+カケホーダイ+シェアパックがおトク!

今回は最初から、ソフトバンクでスマート割引を使って機種変更する場合と比較したいので、ドコモ光+スマホ2台で下取りも入れていくらになるのか、単刀直入にきいてみました。

ウチのインターネットの回線契約だと、ドコモ光が月4,200円。
スマホのほうはカケホーダイが2,700円/1台+インターネット接続サービスが300円/1台。

わたしのiPhoneをMNPでドコモに乗りかえると、「ドコモにチェンジ割」が適用されてカケホーダイの料金が1年間は1,350円割引されます。

さらに「光シェアグループ」というパケットを家族でシェアするサービスに加入すると、「光★スマホ割」が適用になり、1年間は1,350円割引になるので、実質わたしのカケホーダイ料金は1年間無料になります。

パケット通信の光シェアパック10GBプランが、セット割引適用で8,300円。
相方さんの継続年数によって「ずっとドコモ割」が適用されて1,000円割引。
わたしの分が子回線になるので、そのオプション定額料が500円。

足したり引いたりいろいろ面倒ですが、ここで計算しますよ。

4,200+2,700×2+300×2-1,350-1,350+8,300-1,000+500=15,300円

これが自宅のインターネットとわたしと相方さんのスマホ2台分の1か月の料金になります。
今まで全部別々だったので、まとめるとかなりの割安感がありますね!

一緒に買い替えればさらにおトク!

つぎは端末の下取り価格について。
ソフトバンクのiPhone 5sをドコモで下取りしてもらうと、22,680円です。
ソフトバンクには残債があるので、その分の4,275円×8=34,200円と相殺すると11,520円。
ちょっと微妙な金額ですが、月々の使用料の安さを考えればこのくらいは仕方ないかな。

つづいて機種代金の支払いについて。乗りかえだと実質負担金は522円/月です。
実際には、iPhone 5sの下取り金額が月割りされてここから引かれるので、支払いベースではわたしの端末代は無料。それどころか余った分の22,680円-12,528円=10,152円は、24分割して月々の利用料金から差し引いてくれるそうです。

iPhone 6s(64GB) 他社からの乗りかえ 機種変更
実質負担金(24か月)(総額) 522円/月(12,528円) 1,620円/月(38,880円)
機器代金|分割支払金(24回)
(支払総額・現金販売価格)
4,158円/月(99,792円) 4,158円/月(99,792円)
乗りかえボーナス
(機器代金割引)
-10,800円
月々サポート
(割引総額)
-3,186円/月
(-76,464円)
-2,538円
(-60,912円)

ここでもっとおトクになる提案がドコモのお姉さんからありました!

相方さんのスマホをわたしのと一緒に買い替えると、「家族まとめて割」が適用されるので、わたしの分が10,800円、相方さんは機種変更なので5,400円、合計で16,200円が割引されるというのです。

これは9月1日~11月30日までの期間限定。スマホなら機種は何でもOKとのこと。
相方さんどうでしょう。一緒にiPhone 6sにしませんか?(結局そこかよ!)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントを残す